• HOME >
  • 引っ越しって結構大変。

いまさらだけど、引っ越しって結構大変。


引っ越しって結構大変。
「時間」がなければ実行することはできません。
よく聞くのが「引越しの手続きや大体の家賃の見当はつけたんだけど、時間がなくて物件を見に行けないんだよね。。」という声です。
そうなんです!
誰もが「この条件でこれくらいの家賃でこの場所に物件を見つけよう」とまでは決めることができるのですが、それより次の段階で重要な「物件下見」やさらにその次に待ちかまえている「引越し」などの実働時間が意外に取れない人が多いんですね。
せっかくここまで来たのに勿体ない。
しかも情報化社会である現在ではインターネット上でリアルタイムで物件情報が巡り巡っています。
そんな中で「時間がない」という理由で苦労して調べた物件をみすみす逃していてはモチベーションも下がってしまいます。
なので上記のような引越しの下準備を頭の中で構成したら、後は物件を探す前に「まとまった時間がある時(時期)」を見つけましょう。
社会人の方でいえば、新しいプロジェクトなどが立案していない時や、会社やお店が忙しくない時期にするのがベストです。
とても基本的なことなのですが、意外に気づいていない人が多いので、これも耳に留めておいてくださいね。
また参考程度ですが、春に物件はとても多いです。
ですがその分新生活などで新居を探す人の数も多いですから、混戦は必須となります。なので正直どの時期でも自分に合った良い物件を探し当てることができるかどうかは「物件探しにかけられる時間(根気)」と「運」に関わってくることが多いようです。
時間は作るものだと言われますが、自分にとって少しでも時間を確保しやすい時期を見つけて、一気に物件探しに移りましょう。

引っ越し前に行なっておく事
まずは荷物の梱包です。
仕事をしながら、あるいは学業にいそしみながら、引っ越し作業をするのは、結構大変なことだと思います。
なんとか、休日などを有効に利用して、普段からめったに使わないようなモノはどんどん梱包しちゃいましょう。
普段使っているものでも、引っ越しまであと1週間!…というタイミングになったら、思い切って梱包。
切羽詰まっていなければ、1週間くらいは我慢できるはずです。
その際、引っ越した後にそれをすぐ使えるように、どの段ボールにしまったか…というメモは残しておいた方がいいと思います。
賃貸物件からの引っ越しという場合には、部屋をきれいにしておきましょう。
部屋を綺麗に掃除して明け渡すことで、敷金の戻り額を多くするためです。
とくに綺麗にしておきたいのは、トイレや流し台などの水回り。
水回りが綺麗になっているだけで、物件そのものがグッと綺麗に見えるから不思議です。
入居前に、物件を見学に来た時、水回りが綺麗だと好印象だったのではありませんか?
こんどはこちらがそのマジックを使う版です。

引っ越し当日
引っ越し業者に全てを任せて、ベランダで一服…と行きたいところですが、業者がスムーズに仕事ができるように荷物をまとめておくことが大切です。
冷蔵庫は、中身を処分して、前日に電源を抜いておくこと。