• HOME >
  • ルームシェアがしたい!

ルームシェアがしたい!という人は


ルームシェアとは、字の通りですが、1つのお部屋またはお家に何人かで住むことを言います。
ルームシェアと言っても、玄関・お風呂・トイレなどは共有のところがほとんどだと言われています。
また、日本人では友人・知人と部屋を分け合うことが多いかと思いますが欧米ではどちらかと言うと、赤の他人をルームメイトとして迎え、同居を始めるというともあります。
それでは、ルームシェアの詳しいことについて見ていきましょう。

ルームシェアの形態には大きく分けて以下に挙げる3つのタイプがあります。

1:シェア目的で借りる
これは、単純に「家賃を抑えたい。」、
もしくは「新しくてきれいなお家に住みたいけれど家賃が高くて住めない。」といった方たちのルームシェアの形です。
例えば、駅から近く新築のお家があったとします。
駅から近い新築というと、場所にも寄りますが、仮に家賃10万円だったとします。
現在あなたがどのようなお部屋に住んでいるかは分かりませんが、家賃10万円は比較的高い物件であると言えます。
しかし、このお部屋を誰かと分け合って住むことで、月々5万円で済んでしまうのです。
(家賃の分担方法に関しては、パートナーと話し合いが必要です)
これはなかなかお得ですよね。
しかし、日本では他人同士のルームシェアというのはまだあまり馴染みがないため家を貸してくれる大家さん・不動産屋さんは少ないと思います。
その場合は、どちらか一方が先にお部屋を借りておく方が良いでしょう。

2:余った部屋を貸す、借りる
これは、近年どんどん増えているルームシェアの形態です。
「一緒に暮らしていた恋人とお別れしてしまい恋人が出て行ったが、部屋自体は気に入っているので引っ越したくない」という方や「子供が成長して家を出て行ったため、部屋が余っているから有効活用したい」という方が増えてきているのです。
また、最近では離婚も多くなってきています。
このため、この形態でのルームシェアが増加してきていると言えるでしょう。

3:シェア目的の物件
今まで書いてきた2タイプは、どちらか一方が先に住んでいてルームシェアを始めたり余った部屋の有効活用を考えた時にルームシェアという選択肢が出てきたという形態です。
しかし、シェアすることを目的に作られた物件というものもあります。
それが、「ゲストハウス」や「シェアハウス」と呼ばれているものです。
一般的な家庭と違い、全ての部屋に鍵がついているところもあるので、安心してお家を分け合うことが出来ますよね。
また、トイレ・キッチン共同という物件を見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが実は、それも厳密に言うとシェアハウスなのです。
知らず知らずのうちにシェアしていた、なんてこともあるかもしれませんね。